社会福祉法人 白樺会

  • お問い合わせ
  • 交通アクセス
  • 求人情報

白樺会の特徴

白樺会の特徴について

白樺の5つの心について

  • 心を磨き(スタッフで一緒に研修に行ったり勉強会をしたりし、心を磨きます!)
  • 心を育て(スタッフ、ご利用者様、ご家族様、一緒に切磋琢磨し、共に成長します!)
  • 心の目でみて(人は一人ひとり違います。心の目を開いてみましょう!)
  • 心を動かし(介護の現場は毎日発見、感動があります。自然と心が動くようにします!)
  • 心から生活を楽しむ(趣味、特技を楽しみます!そうすると仕事も楽しめます。)

白樺グループの特徴

白樺のトンカチ 白樺は、常にトンカチを持っています。それはトンカチで古いものを壊し、常に新しい風を通すためです。
白樺の色眼鏡 白樺は、色眼鏡をたくさんもっています。それは感性豊かに色々なメガネで見て気づきたいからです。
毛深いスタッフ 白樺グループには、振り向けば、いつもそばに頼れるアニマルセラピー犬がいます。関わる全ての人を癒してくれます。

白樺会の合言葉

キラリ 光れ 白樺スマイル!

白樺会のこだわり

施設全体について

私たちは、施設全体を一つの町と考えています。各ユニットごとに町名をつけ廊下には通りの名前をつけています。

笑福町(えふくちょう) 特養ユニットA
笑う門には福が来る!皆が住みたいという岡山市の伊福町のようになれたら・・・という思いから読み方を「えふくちょう」にしました。
挙羽町 (あげはちょう) 特養ユニットB
綺麗なアゲハ蝶のようにまだまだ羽を広げて人生を挙げて行って欲しいという思いからこの名前にしました。
絶好町 (ぜっこうちょう) 特養ユニットC
この町に来たら元気になって絶好調!
どんな時でも絶好調!
あゆもどき町 ショートステイ
地元(湯迫)の天然記念物から名前をつけました。
白樺銀座 (しらかばぎんざ) 小規模多機能ホーム
賑やかで色々なものが集まる場所はどこの地域でも銀座という地名がついています。小規模多機能ホームもたくさんの方が出入りする場所なのでこの名前にしました。
白樺役場 (しらかばやくば) 事務所
助役はいつも役場にいます。(施設長)
町長は多忙の為いつもはおりません。(理事長)
  • 高島通り
  • 白樺通り
  • もも太郎通り

施設内の通りの名前です。

施設の建物や壁、家具について

施設の建物や壁、家具など全て同じ色にするのではなく、明るくなるように沢山のカラーを使用しています。

床材

転倒時の衝撃を少なくする衝撃材と、防音効果のある防音材を使用しており、少し柔らかめの床になっております。

図書スペース

学校帰りの子供たちや、地域の方など、どなたでも来て楽しんで頂けるような図書スペースを設けております。

各ユニットのテーマカラー

当施設では、各ユニットごとにテーマカラーを決め、ユニットごとに、壁、家具、レースカーテンの色を変えています。

特養ユニット 笑福町(えふくちょう) オレンジ
特養ユニット 挙羽町(あげはちょう) ピンク
特養ユニット 絶好町(ぜっこうちょう) グリーン
ショートステイ あゆもどき町 ベージュ

ウッドデッキ

バーベキューをしたり、気候の良い日はその時の入居者の方の気分により外に出て「今日は外でご飯を食べよう」と入居者の方自ら言って頂けるように、又、なるべく外の空気に触れる時間を多くとって頂くために1階、2階ともにウッドデッキを広く作りました。

六角テーブル

残存機能が低下しない様、なるべく自分の力で立ち座り出来る様に六角形のテーブルを使っています。(高さ65cm)穴を持って立ち上がることが出来ます。現在穴まで届かない方も、穴に届くように自力で立ち上がろうとし、自然と立ち上がれるようになります。

長方形テーブル

長方形テーブルは、四季を感じて頂くために四季折々のテーブルクロスをご用意しております。

椅子

3種類の足の高さの椅子をご用意しています。
各個人が椅子に座った時にきちんと床に足がつくようにする為です。(グリーン40cm、オレンジ38cm、ピンク36cm)

お食事について

食事は、人間にとって一番大切なものであり、健常者と同じ様に考え、人として尊厳を守るとはここから始まると考えています。
また、食器も「食」をそそるものであるため、こだわっております。

  • ごはん(白米)と味噌汁は、各ユニットで作り、匂いを楽しんでいただきます。食事作りの良い匂いは食をそそります。又、可能な方には食事作りを手伝っていただきます。人は皆、役割を失えば虚空間を持ち、認知も進みます。
  • 皆同じ茶碗ではなく、一人ひとり違ったものを使用して頂くため、各個人の使い慣れた茶碗、お箸を持参していただくようにしております。(特養のみ)
  • 食器は、施設でよく使われているメラミン食器は使用せず、強化磁器の食器を使用しています。見た目にも綺麗で食をそそり、よりいっそうお食事を楽しんで頂きたいためです。

お風呂について

浴槽の高さは40cmにしています。これは高齢者の方がご自分で入浴されたり、一部介助にて入浴する場合に一番入りやすい高さになります。(一般的な浴槽は43~45cmです。)

トイレ

トイレは座った時に横の手すりだけではなく、前にも手すりが来る様にしています。
そうすることで排泄がしやすく、又、残存機能を使い、車椅子でのトイレ移動も可能です。

その他

布団

全てを統一させない為に、掛布団カバーは3種類をご用意しています。

車椅子

心が明るくなるようにカラフルなものを揃えました。